副業

Webライターが副業におすすめ!10種の副業を試した私が断言します

猫ちゃん
猫ちゃん
ねぇねぇ、最近副業でWebライターの仕事始めようと思っているんだけど。

文章を書くのは好きだから向いているとは思うけど、ぶっちゃけ稼げるの?

坊や
坊や
お、いいね。
Webライターは今後需要が増えるし、仕事を続ければ続けるほどスキルが身について時給も上がっていくからね。

猫ちゃん
猫ちゃん
そうなんだ!

なんか、クラウドワークスのライターさんがTwitterで「単価が安すぎる」ってつぶやいてたから。

具体的にどういうところが他の副業よりもおすすめなの?

坊や
坊や
そうだね〜、Webライターが副業におすすめ理由はたくさんあるよ!

現役Webライターの話も交えて(筆者です)気になるポイントを解説していくね!!


Webライターとは?



Webライターとは、Web上で記事を書くライターのことです。

主に、法人から仕事をとってクライアントの公式HP内の記事を作成したり、

広告代理店や編集者で取材記事を書いたりする会社従業員のライターと、

クラウドソーシング等を使って隙間時間でライティングの仕事を受注するフリーランスのWebライターに分かれます。

中には、ノマドワーカー(働く場所を選ばずに自由に働く人)としてフリーランスとしてライター業だけで仕事をしている方もいます。

猫ちゃん
猫ちゃん
あ、ノマドワーカーってスタバに行くと良くいる、

Macをカタカタ言わせて”つや”に仕事している人たちでしょ!

意識高い系ですよ、みたいな。笑

坊や
坊や
おいおい、「つや」って言ったらほとんどの読者はわからないじゃん。

読者の気持ちを考えて、使う言葉は考えようね。(汗)

※つや…博多弁で「かっこつける」の意

未経験でも、できるの?


先ほども言いましたように、最近はクラウドソーシングを使って

隙間時間でライティングの仕事を受注する主婦やノマドワーカーが増えています。

案件が「初心者・経験者・プロ」と分かれているのですが、

初心者しか集めていないような求人であれば最初にみっちりライティングマニュアル等でやり方を教えてくれます。

単価は安いかもしれませんが最初は「初心者」カテゴリーで実績を積み、それから単価の高い案件を狙っていきましょう。

また、最近はYoutubeでライティングのノウハウを解説し、記事の添削も動画で完了するクライアントが増えています。

初心者に親切なクライアントを見つけて、しっかりライティングを学びつつ実績を積むのが一番早く実力がつきますよ!

副業でWebライターを選ぶメリット

猫ちゃん
猫ちゃん
今って副業の種類もたくさんあるよね。

その中で何でWebライターがおすすめなの?


坊や
坊や
それはね、一言でいうと「しっかり成長できて、それに伴い収入も上がる」点だね。

おすすめポイントはたくさんあるけど、他の副業と比較した方が分かりやすいもんなぁ……

せっかくだからおすすめしない副業についてまとめた記事があるから先にそれを読んで戻ってきてね!

猫ちゃん
猫ちゃん
はーい。

坊や
坊や
猫ちゃんは戻ってきたかな。

今から「Webライターを副業で選ぶメリット」について紹介するね!!

  1. スキルを磨くと単価アップに直結する
  2. ストック型の資産であるブログと相性がいい
  3. SNSの発信力も増す
  4. ②と③を組み合わせたら現代では最強の集客販売ツールになる
  5. 自由に働く場所を選べる

スキルを磨くと単価アップに直結する

一つ目のメリットは「成長した分だけ単価アップにつながる」点です。

あなたがサラリーマンなら想像つきやすいと思いますが、一年間でどれだけお給料ってアップします?

社内で優秀な成績を収めたとしても、自分で給料あげられないですよね??(完全成果報酬制度は除く)

本業でも副業でも、「成長しているのに収入が伸びない」って辛いですよ…

坊や
坊や
Webライターは実力や実績の分だけ文字単価が高くなっていくから、長期的に考えたらおすすめだよ!

同じ「書く」という行為に対して支払われる報酬が増えていくよ。

逆に、実績を積み重ねても一回あたりの報酬が伸びないものはやめておいた方がいいよ。

例えば、転売せどりやMLMは「一回売る」ことで得られる報酬がずっと一緒なんです。

例えば、Aという3万円の商品販売をしていたとして、

5年後10年後に一回あたりの売り上げが増えますか?って話なんです。

たくさん売ればその分儲かるよ!というかもしれませんが、

副業をしている方のほとんどが沢山時間を取れないので、限られた時間で沢山売るのは現実的に難しいのです。

しかもやっていることがただのルーティンワーク。

工場でひたすらシールを貼り続けるみたいなイメージです。

自己成長できないビジネスは、まずやめておいた方がいいです。

転売だと「仕入れて売る」という工程の中で競合他社と差別化を図るのがとっても難しいんです。

「あの人は仕入れ方がカッコいい」とかで値段上がったりしないですからね(笑)

ぶっちゃけ、お客さんからすると安く売ってくれるなら誰から買っても良いんです。

つまり、「あなただから買いたい」とはならないし、ブランディングや付加価値がつかないのです。

一方、Webライターは自身の実績(ポートフォリオ)を武器にして単価交渉ができます。

「3ヶ月で50記事納品しました!」とか「自分のサイトで「??」というキーワードで検索上位トップ5に載っています!」とか、

具体的な数値を提示したうえで交渉します。

猫ちゃん
猫ちゃん
そんな、クライアントに交渉するなんてそんなにハート強くないよ(汗)

もしかしたら、猫ちゃんみたいな心配をするかもしれませんが、心配ご無用です。

なぜなら、プロのライターに指導を受けながら着実に成長していくことで、

自然とあなたの交渉力も上がっていくからです。

文章力を磨いているのに、交渉力が伸びる?ピンとこないですよね。

なぜライティングで交渉力も上がるのかというと、

「優れたライターは、いかに読者に文章を読んでもらえるか?喜んでもらえるか?と

相手の目線に立って物事を考えるプロだから」です。

人間は環境に染まります。

「どうすれば、読者に読んでもらえるか?」と考えるのが習慣になると「相手が何を求めているのかを汲み取る能力」が磨かれていきます。

そして「相手が何を求めているのか?」がわかると、提案の仕方も変わってきます。

お気づきでしょうか?

そう。文章力を磨くことで社会生活に必要なスキル全般を底上げしてくれるんです!

どんな業界・職種であれ、言葉は誰でも使います。

そんな「誰でも使う共通のもの・こと」のプロになったらかなり強いです。

Webライターになって文章力を磨くことは、単なる仕事のスキルアップにとどまらないのです!!

ストック型の資産であるブログと相性がいい

副業をする上でもう一つ大切なことが、「時間の切り売りではなく、利益を生み出す資産を作ること」です。

例えば、バイトのかけもちやウーバーイーツ。

ただ時間を売ってお金を得ているだけなので、全く資産性がないです。

大切なのは、「自分が寝ていても働いてくれるコンテンツの構築」です。

ピンとこない方もいらっしゃると思いますので他の例を挙げます。

あなたが普段日常生活を送っている中で、固定費を払うことってありますよね?

家賃や水道光熱費、携帯代、など。

当たり前のように支払っていますが、定期的に支払う人がいるということは「定期的に受け取る人」もいますよね??

その「定期的にお金を受け取れる資産」を、ご自身で作る、ということです。

わかりやすいのが不動産。あとは音楽や本の印税ですね。

でもまとまったお金がないと不動産投資ってできないですし、

音楽や本でヒット作を出して印税で儲けるって、特別な才能を持っていないと無理ですよね??

個人で特別な才能もない人が「定期的にお金を受け取れる資産」を作る上で一番現実的なのが「ブログ構築」なんです。

副業の中では比較的お金が稼げるようになるまでに時間がかかります。

しかし、正しく学んでいけば一番資産化しやすい副業でもあるんです。

そして、ブログで稼ぐ上で必要なスキルが「ライティングスキル」であり、

そのスキルを一番磨けるのが「ライティングの仕事」なんです。

SNSの発信力も増す

坊や
坊や
文章力の向上は、SNSにも大きな影響を与えるよ。

今や集客ツールでインスタやTwitterを使わない企業やマーケターはほとんど存在しません。

近所のおしゃれなカフェやレストランを思い浮かべてみてください。

必ずと言っていいほど「Follow me!」の文字と一緒にQRコードがお店の至る所に貼っていますよね?

それだけSNSは集客ツールとして欠かせない存在になっています。

そんな現代の履修科目、SNSですがインプレッション率(反応率のようなものです)の向上、

ファン化を考えるのであれば一番何にこだわるべきだと思いますか??

答えは、「プロフィール」です。

InstagramやYouTubeはいわゆる「右脳メディア」と呼ばれ、

文字を考えなくても映える写真や面白いパフォーマンスで人気を獲得できるものと思われています。

それは半分は間違いで、人は必ず「プロフィール」から見るんです。

プロフィールが残念な感じだと、投稿写真や動画は見てもらえないんです。

それだけ右脳メディアでも文章って重要なんですよね。

と、いうことは文章力が秀でているライターって今後重宝されると思いませんか?

SEOライティングやコピーライティングといった技術をコンサルやココナラで売ったり、

そのノウハウを有料noteで販売したりすれば技術でお金を生み出すことができます。

文章力は、SNS全盛の今こそ求められるスキルですね!

②と③を組み合わせたら現代では最強の集客販売ツールになる

SNSを駆使して月100万円以上の売り上げを安定して出している人は、ほとんどがこの②・③の組み合わせて使っています。

わかりやすい例が、おしゃれなインスタアカウントから公式サイトに移動してもらい、

そこから通信販売で商品を売るような手法です。

もちろん、その影響力を得るまでに地道にフォロワーを増やす活動をしなければなりません。

SNSではプロフィール作成時にライティング技術が活きますし、

ブログでは文章の構成が上手くて分かりやすい記事が書けるようになります。

この技術を身につけてしまうと何のジャンルであっても成功します!

自由に働く場所を選べる

坊や
坊や
Webライターを希望する人って、この自由を求めて選んでいる人も結構多いよ。

猫ちゃん
猫ちゃん
確かに、スタバでMacをカタカタしながら優雅に仕事している人っているよね!

あの人たちってWebライターだったのね?!

ライターってすごくない??やらない理由がないじゃん!

坊や
坊や
うん。まぁそうなんだけど。

て、いうかさっきも言ったんだけどな(😬)

Webライターって辛いことも結構あるんだよ。(汗)

Webライターの辛い点

坊や
坊や
Webライターの辛い点を紹介するけど、あんまりがっかりしないでね。

  1. 最初はめちゃくちゃ単価が安い
  2. 最初はリサーチに時間がかかる
  3. 添削で訂正がたくさん来ると心が折れそうになる
  4. スキルは自分の資産になるが、自分が書いた文章は資産にならない

最初はめちゃくちゃ単価が安い


クラウドワークスのライターを始めてすぐに挫折する理由のぶっちぎりNo.1が「単価が安すぎる」ことです。

初心者向けの案件だと単価0.1円〜0.5円の世界です。

この記事がだいたい3,000文字なので、単価0.2円とすると1記事600円。

この記事が1時間で作成できたとしても、時給600円です。笑

入力するだけならまだしも、キーワードのリサーチやクライアントと仕事をする上でのマニュアル熟読等あるので、

1時間で終わるなんてまずあり得ないですww

だから最初のうちは「無料で実践的なライティングスクールに通っている」という感覚を持っていた方がいいかと思います。

最初はリサーチに時間がかかる

記事作成依頼の場合、だいたい決められたキーワードの中から好きなものを選んで作成、という流れになります。

ブログ執筆のジャンルの幅はとても広いので、

与えられたキーワードやジャンルの全てに精通しているなんてことはあり得ないです。

知らないジャンルが振られた時、必ずやらないといけないのが「リサーチ」です。

得意分野であってもライバルサイトのリサーチは行わなければならないのですが、知らない分野だと基礎知識から調べないといけません。

ちなみに、「知っていることの幅が広い」ことよりも「リサーチ力がある」ことの方がはるかに重要です。

だから最初のクライアント選びでは運の要素も強いのですが、

はじめは「正しく効率的なリサーチのやり方を学べる環境」を選ぶべきですね。

リサーチ力がライターにとって必要不可欠です。

最初は大変なのですが、効率的なリサーチを身につけることでマーケティング活動全般の質が向上します。つまり

リサーチ力の向上→マーケティング力の向上につながり、販売集客スキルもつく

ということです。

添削で訂正がたくさん来ると心が折れそうになる

これも初期のライターあるあるですね。

クラウドワークスの記事執筆の仕事って、キーワードとか指定はあるんですけど比較的自由に記事かけるんですよ。

その分、自分の書きたい内容とクライアントの求めている内容に乖離が生じると訂正がめちゃくちゃ大変になったりします(汗)

ライターとクライアントの好みや相性もありますから、

どんなにいい文章が書けていたとしても誰もが一度は通る道です。

スキルは自分の資産になるが、自分が書いた文章は資産にならない

記事納品したときに「これ、めっちゃいい記事書けたじゃん!!」となった時に引っかかるのがこれ。

記事執筆作業のほとんどがそうなんですが、基本的に「納品した記事や文章の2次利用・転載は全て禁止」となっております。

だから自分自身の技術は磨かれていくのですが、ブログのように資産構築にならないのです。

そこでおすすめなのが、記事納品したら自分のブログを更新すること。

ライティングの方に沿って記事作成した後に、

同じようなリサーチや文章の構成で作っていけば自分自身の記事もいい感じに仕上がります。

(もちろん、コピペはNG!あくまでも「リサーチ法や見出し・本文の構築の考え方、コピーライティング手法などを模倣していきます)

まとめ

  • Webライターには従業員として働くライターとフリーランスのライターに分かれる
  • Webライターは自分のスキルアップが単価の上昇につながる
  • Webライターは働く場所を自由に選べる
  • SNSと組み合わせると集客販売ツールとして最強
  • 最初は単価が安くてリサーチにも時間がかかる

メリット・デメリットをご紹介してきましたが、

一番の利点は「汎用性・重要性の高いスキルを身につけられる」ことです。

この記事が、あなたの役に立てていれば幸いです。

【2021年こそ挫折したくない方向け】正しい目標設定&SNS情報発信ビジネス基礎講座

SNS初心者限定無料講座 7日目動画はこちら↓

※最後に大事なお知らせがあるので、最後までご覧くださいませ。

 

動画でご案内した特別講座にお申し込みの方は↓(数量限定)

正しい目標設定&SNS情報発信ビジネス基礎講座 申込

 

※講座受講するかどうか検討中の方へ。↓

無料相談はこちら

↑こちらのGメールまで

・特別講座の相談

・あなたのお名前

をご入力、送信して下さい。

 

30分無料相談窓口を設けまして

ご質問対応させていただきます。

 

あるいは、私のSNSアカウントまで

DMしていただいても構いません。

 

その際も同様に

・特別講座の相談

・あなたのお名前

をご入力、送信して下さい。

 

よろしくお願いいたします。